ドームハウス制作中 6

1週間前に壁のフレームを大まかに作ったので、昨日庭で仮組をしてみました。

あとで壁フレームには筋交いを入れないといけません。

仮組をした結果、大きく寸法や角度が間違っているところも無く、まずまず許容範囲の精度で組み上がりました。

これは直径・高さともおよそ2メートルの小さなドームですが、直径3メートル程度のドームならば、ほぼ同じ作業内容で作ることが可能だと思います。

しかしここまではうまくいきましたが、基礎や防水をどうするか、今後の問題は山積しています。

このドームは仮設のもので、恒久的に建てるのならばそれなりにやりようがあるのですが。

仮設なので基礎をコンクリートで作るわけにもいきません。

また、屋根などの外装はテント倉庫用シートで全体を覆おうかと考えていますが、その場合採光や換気をどうするか、それはそれで問題です。

ドームの模型を作るという最初の目的からすると、どうやらうまくいったようです。

DSCN6339
ドーム屋根部分の底辺が平らで無いため、壁フレームの上面はそれに合わせて波打ったような形状になっています。

DSCN6343

DSCN6345

DSCN6350

DSCN6355
雨が降ってきたのでブルーシートを被せました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ