ドームハウス制作中 4

先日ドームハウスの屋根フレームはとりあえず製作が終わりましたので、引き続き壁のフレームを家の庭で作っています。

壁フレームも角度が必要なため、遅まきながらデジタルの角度計を購入しました。

屋根を作る前に購入するべきだったと思います。

DSCN6307
0.1度単位の表示です。これで目測で迷うことが無くなりました。

DSCN6313
こんな感じで角度が表示されます。

DSCN6316
今まではこの角度計というか分度器を使っていました。定規の大きさそのものが小さいこともあって1度以下はかなり曖昧です。

DSCN6311
今回は78度で切ります。屋根フレームの材よりも鋭角でその分、材の幅が狭くなるため、安全に挽き割りするにはより神経を使います。

DSCN6300
自宅で使っているのはおもちゃレベルのテーブルソーです。

DSCN6305
挽き割った断面。

DSCN6312
とりあえず壁のフレームに必要な本数の材を引き割りました。すべて78度の角度で切っています。

DSCN6318
そして引き割った木クズはウッドストーブで再利用します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ