工具類

正直なところ工具・道具類に対して特別な思い入れはまったくありません。

わたしにとって道具は手段に過ぎません。

そのため道具にはこだわりはありません。

もちろんお金に余裕があればいいものが欲しいのですが、あいにく持ち合わせが無いので、まぁ使ってみて悪くなければ良いといいますか…。

結局出来た物、つまり結果がわたしにとってはそれがすべてです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ